もう残業しない!定時退勤するために知っておきたいこと

残業が多くなりがちな看護師

bottom_wave
看護師は残業が多い?

看護師は残業が多い?

まずは看護師の残業について、詳しい内容を見ていきましょう。定時退勤ができず悩んでいる看護師は、なぜ残業が多くなってしまうのかを理解してください。特に若い看護師は残業が多くなる傾向にあるようです。現状、多くの看護師が残業に悩まされているようですが、働き方改革によって現場の負担は徐々に解消されていく可能性があります。看護師として長く活躍していくためにはワークライフバランスを維持していかなければなりません。

  • 実態は?看護師の労働環境 実態は?看護師の労働環境

    看護師は忙しくて残業が多いといったイメージがありますが、本当のところはどうなっているのでしょうか。日本看護協会が調査した結果によると、看護師の月平均残業時間は23.4時間でした。他の職種と比較するとそこまで多くはないようですが、実際には多くの看護師が定時で帰ることができず、目に見えない残業に悩まされています。

    この記事をチェック
  • 残業が多くなる理由とは 残業が多くなる理由とは

    看護師の業務を圧迫しているのは患者対応だけではありません。特に時間が割かれるのが看護記録の作成です。また、始業時刻前の情報収集にも時間がかかります。緊急時の対応があれば、終業時刻を過ぎてからも仕事を続けなければなりません。慢性的に人手不足の職場がほとんどで、個々の負担が大きいといった課題もあります。

    この記事をチェック
  • 働き方改革で何が変わる? 働き方改革で何が変わる?

    国は労働環境の改善に向けた働き方改革の導入を推し進めています。制度の導入により労働時間を客観的に計ることができるため、目に見えない残業が減ります。電子カルテやPDAの導入により業務負担も軽減できるでしょう。また、短時間制社員制度や夜勤専従制度を導入することで効率的に現場を回せるといったメリットもあります。

    この記事をチェック

今の職場にはもうウンザリ?働きやすい環境へ!